ソフマップAM館様にておっぱいポップ展示中です。
近くを通りましたらぜひモミモミしてくださいね♥


◆おっぱいポップの作り方◆

●用意するもの
A3の紙はキャラクターを印刷するのでできればプリンタの専用光沢紙や写真画質紙が望ましいです。肌色が一番きれいに出ます。

スチロールボードはホームセンターや文房具屋さんで売っていると思います。
のりが付いていて簡単に貼り付けられるものがいいです。
厚さはあまり厚くないもの(2〜3mm)にします。

おっぱい用のスポンジは何でもいいのですが、今回は出来合いのパーティーグッズのおっぱいをつかいました。
ハンズやドンキホーテなどで売っていると思います。

ブラジャーは……がんばって買ってください(^-^;



製作手順
1)まず印刷
まず、画像データをダウンロードしてこれをA3の紙に印刷します。

このときに、出来るだけ肌色がおっぱいのスポンジに近い色合いになるようにすると組み合わせたときに違和感がありません。

2)はりつけとカット
1で印刷した紙をスチロールボードに貼り付けます。
今回は、あらかじめのりの付いたスチロールボードにしたので簡単に貼り付けられました。
貼り付けるときは空気が入らないように慎重にゆっくり均等に張るのがコツです。

貼り付け終わったら、カッターナイフでキャラクターの周りの白い部分を切り取ります。
5mmくらいの余白があれば十分です。

3)おっぱいのセット
おっぱい用スポンジを2で作ったボードに乗せてみます。
このとき、おっぱいの下のラインがスポンジの下のラインと重なるようにして、おっぱいの形が違和感がないようにカッターナイフなどで形を整えていきます。
今回はあらかじめ大きさを合わせておいたので成型はほとんどしていません。

形を整えたら、接着します。
ボンドをスポンジの接合面に塗り塗りします。
きっちり接着できるようにちょっと多めに塗りこみます。
周辺部ぎりぎりまで接着剤を塗ると、貼り付けたときにはみだして汚くなってしまうのでぎりぎりまでは接着剤を塗らないほうがいいです。

接着剤を塗ったらちょっと放置します。(1分くらい)
スポンジは穴がいっぱいあるので接着剤が内部に吸い込まれてしまい、十分にくっつかない場合があるからです。
ちょっと放置したら、もう一度接着剤を塗ってから2で作ったボードに貼り付けます。
このときずれないように慎重に接着しましょう。
接着後、十分に(最低1〜2時間)は乾燥させます。

4)ブラジャーを着せる
次にブラジャーを装着します。
ワイヤーいりのブラジャーの場合、ワイヤーははずしておくほうがフィットします。
肩の紐が解けるタイプならこのときに解いておいた方が作業がしやすくなります。

ブラジャーをおっぱいの上にかぶせて胸の谷間、みぞおちの上の辺りを固定します。
ここをしっかり固定しておかないとブラジャーが浮いて、ポロリしやすくなってしまいます。
固定にはボンドでもいいのですが固定力が不安なので針と糸でボードとブラジャーを縫い合わせます。
2〜3針縫えば十分だと思います。
ボードに針を通すのは力が要るので誤って指に刺さないように十分に注意してください。
糸はブラジャーの色に合わせたほうが目立たなくていいですよ。

胸の谷間を縫い付けたらブラジャーをフィットさせていきます。
おっぱいの下のラインを包み込むようにブラジャーを這わせていくと自然と横のところにたるみが出来るのでこれを折り曲げて縫い合わせます。
ここでしっかりおっぱいにフィットするようにすると完成度が違います。
(自分はちょっとゆるめだったのかチラリしてしまいました……)

あまり部分を縫い合わせたら残った紐をボードの後ろで接着します。
このとき表から見て自然にブラジャーを着けているように見えるような角度にすると、違和感がなくてGoodです。

これで出来上がりです。