ようこそお越しくださいました。
五月雨荘の女将、佐倉志鶴と申します。
旦那と死別してから一人で旅館の経営と娘の養育を切り盛りしてきました。

最近ようやく娘が独り立ち出来る年になり、自分のことを考えられるようになってきた今日この頃……。
男日照りで欲求不満な自分の身体を慰めることもしばしばです。