漆黒の華

・・・ストーリー・・・
19世紀末のイギリス。主人公は資産家の一人息子。
物語は賭け事にはまった貴族が館を手放すところから始まる。
館にある全ての物が主人公の物になり、
そこに住む人たちも主人公の所有物となった。
この物語のヒロイン、マリアもその一人。
しかし父親に売られた事も知らず、
今までと同じ平穏な生活をしている。
その可憐な姿を見た館の新しい主人は、執事として館に入り、
ヒロインをその毒牙に掛けることを計画する。

・・・登場人物・・・

マリア・ローズベリー
資産家ローズベリー氏の一人娘。
腰まである流れるような金髪は、
彼女が何不自由なく暮らしていることの証。
ピンクのドレスがお気に入りの彼女のことを、
お人形のようだと言う人も少なくない。
社交界へのデビューも間近に迎え、彼女自身、
いつか訪れる白馬の王子さまを夢見ていた。
そう、彼が屋敷に訪れる、その日までは──。



セレン・グランデ
ローズベリー家に仕える家庭教師。
屋敷のことはほとんど把握していて、
他の使用人から頼りにされている。
マリアとは出来のいい教え子として、
よき友人として、そして実の姉妹のように付き合っている。
セレンにとって、とても楽しく、
仕事のやり甲斐もある日々が続いていた。
しかしそれは、
ある日執事として屋敷にやって来たロバートの手によって、
突然終焉を迎えることになる。



ベル・マー
ローズマリー家に仕える、
マリアのお付きのメイド。
普段は大人しく無口だが、
ときおり見せる眼光の鋭さは彼女の意志の強さを物語る。
マリアの父親がどこからか拾ってきたときには、
既に上流階級のマナーなども心得ていたベル。
そんな彼女の、
陰鬱とした悩みを内に秘めながらも続く平穏な生活は、
突如、波乱の大波に洗われる。




●シチュエーション
レズプレイ、アナル調教、ペチャパイパイズリ、拘束、
乱交、羞恥、目隠し、浣腸、輪姦、監禁、三角木馬、
ローソク責め、縛り………等、様々なシチュエーション


●ボリューム
フルサイズCGは81枚+差分?枚
キャラクターの重ねCG12枚+服装差分?枚
背景CG10枚+昼夜差分27枚
フルサイズのゲームに迫るCGのボリューム


タイトル 『漆黒の華』
発売 BLACK PACKAGE
ジャンル SMゴシックロマン・アドベンチャー

●スペック●
対応OS Windows98/2000/Me/XP対応
価格 2,940円(税込)
音声 女の子のみフルボイス
画面 800*600(Full Color)

●メインスタッフ●
原画
シナリオ 三波 雄