(サムネイルをクリックすると大きな画像が開きます)



響子「ああっ!? い、いやっ、圭君……っ
……大きくしないで……っ!」

圭一「どう? 内側からお尻を拡げられる感触も悪くないでしょ」
響子「や、やめて、圭くんっ、
お願いだからオチ○チンを小さくして……!」

圭一「どうせすぐに馴染むよ」
つらそうに眉根を寄せるママには甘い顔は見せずに、
僕は抽送を開始した。
肛腔と肉棒が密着している分摩擦も大きく、
ペ○スの動きに合わせて肛門粘膜が見え隠れする。
響子「いやあぁっ! お、お尻が裏返っちゃうっ、
優しくしてぇ……っ!」

圭一「ママのお尻なら大丈夫だよ」
響子「ひぃ、ひぃっ! ダ、ダメェ、つらいのっ……ああっ、お尻が壊れるぅっ!」
肉棒が抜け落ちる寸前まで引き抜いたところで、また一気に根本まで腰を打ち込む。
直腸を無理やり引きずりだされるような感触にママは声を抑えきれない。




響子「――くはっ、はぁ、はぁ……ひ、酷い、
イヤだって言ったのに……っ」

響子ママの裸身の至るところが、小さな痙攣を繰り返していた。
きっと、この熟れた身体の隅々までに絶頂の余韻が行き渡っているのだろう。
気を抜いたらあっという間にザーメンを搾り取られてしまいそうな締め付けをペ○スに受けながら、僕は間髪入れずにママのア○スを犯し続ける。
響子「んあぁっ!? あぁっ、ひ、ひぃっ、ゆ、許し……っ、
んはぁっ! あんっ、ひ、ひぐぅっ!」

圭一「フフッ、天国に連れて行ってあげるって言ったでしょ」

圭一「余計なことが気にならないほど、もっとママの理性を蕩けさせてあげるよ」
響子「そ、そんな……っ! や、やめ……っ……あんっ、んうぅっ、おおうっ、お、おかしく……っ、んおおぉぅ……!」
ア○スを突かれる度に、響子ママの言葉は不明瞭になっていった。
僕も肉棒に生じる堪らない快感に酔いながら、響子ママの双臀に肉棒を打ち込んでいく。



みゆき「……ふあぁっ、ああんっ! マ、ママのお尻っ、
お尻がぁっ! ああぁっ!」

圭一「フフッ……お尻がどうしたって? 苦しいの? 
気持ち悪いの?」

みゆき「あぐっ、ああんっ! 
い、意地悪なこと言わないで……っ……んはぁっ!」

甲高い声を漏らすと共に、ママのお尻がキュッと窄まった。
おかげで僕のペ○スは、付け根から先端にかけて
心地よい締め付けに包まれる。
圭一「意地悪だなんて心外だなぁ」
圭一「それに、何度も言ったでしょ? ママがどう感じているのか
ちゃんと教えてくれないと、僕だって困るんだよね」

そう言って抉るようにして腰を突き上げてやると、ママは白い喉を仰け反らせて身悶え、叫ぶ。
みゆき「ああぁっ! お、お尻の穴が気持ちいいのっ、んくぅっ……
け、圭一さんの、硬くて熱いのが……っ……ああんっ!」

「僕の何が硬くて熱いの?」
みゆき「んああぁっ! け、圭一さんのオチ○チンが……っ……
ママのお尻をいっぱいにしているオチ○チンが凄いのぉっ!」

圭一「はい、よく言えました。それじゃ、ご褒美にもっと奥まで掻き回してあげるね」




僕は手にしたイチジク浣腸をママのお尻に差し込む。
圭一「これからお腹の中にお薬が入るんだけど……楽しみ?」
みゆき「それは……あぁ……するなら早く……して……
してください」

圭一「フフッ、あのみゆきママが浣腸を催促とはね。じゃあ行くよ」
僕は小さな膨らみを潰し、中身のグリセリン溶液を注入する。
圭一「フフ、どんな感じ?」
みゆき「お、お尻の中に、チュルって入ってきて……んくっ……」
圭一「まだ一個だもんね」
容量が少ないので数秒もあれば注入が終わってしまう。
僕は空になったイチジク浣腸を引き抜くと、有無を言わせずに二つめのイチジク浣腸を差し込む。
圭一「フフ、お尻の穴がヒクヒク動いてる。とってもいやらしいよ、みゆきママ」
みゆき「い、言わないでください……あうっ……うぅ……っ」
一つの時に比べてより大きな便意に襲われることが分かっているせいか、ママの表情はどことなく不安げだった。
そんなママの顔を眺めつつ、僕はほくそ笑む。