パッケージ版の紹介ページはこちらです
Windows7/Vistaでのインストールについて

通信販売のページはこちらです
タイトル 聖皇女 クラウディア BestPrice版
ジャンル 聖女嬲り墜しADV
原画 天野雨乃
シナリオ なかぢ・他
対応 日本語Windows98SE/2000/Me/Xp/Vista/7対応
(※本ソフトは32bitプログラムですが64bitOS上でも動作します)
Pentium233MHz以上(Pentium2 300MHz以上推奨)
MEM 64MB以上(128MB以上推奨)
HDD 1.2GB以上推奨
BGM PCM (DirectSoundに対応したサウンド機能が必要)
女性のみフルボイス
備考 マップモード
CGモード
音楽モード
回想モード
名前変更不可

【 あらすじ 】
覇王と呼ばれる男ベルゼ。 彼は自国の拡大を目論み近隣の国バルドにその矛先を向ける。 だがベルゼはバルドの国土よりも皇女クラウディアに強い興味を 持っていた。 目論み通りバルドを版図に加えたベルゼは皇女クラウディアに 恥辱を与える。 その恥辱は魔術師ダニエラ、侍女エミーリアにも及んでいく−−。

バルドを治めている女王で厳格な性格だが母親のような優しさも持っている。
基本的には物事を話し合いで解決しようとするが、戦になると自ら先頭に立って戦う有言実行タイプ。
『重量減少』の魔法が掛かった身の丈以上の大剣を使う。
性体験はなく、将来婚姻するであろう夫に純潔を捧げようと決めている。
しかし豊満な身体は女としての欲求を内に秘めており、本人はその事に気付いてない。
ヴァルキュリアで有りながら戦闘魔法から補助魔法まで全てそつなくこなす才女。
詠唱省略で魔法を発動させる杖「ゴッテス・アッカー(Gottes acker)」を持つ。
性体験はそこそこで、性交にはあまり抵抗感がない。
そのため快楽に流されやすい傾向にある。
ヴァルキュリアだがクラウディアの侍女を務めている。
控えめな性格で、普段はクラウディアの後に控えている。
星も貫くと言われるほど鋭い「デァ・シュルテン・オクスタン(der Stern Ocstan)」と言う槍を操る。
「ディ・ゾンネ・ブルクマオアー(die Sonne Burgmauer)」と言う対になる盾がある。
性行為に興味はあるが、まだ恐怖の方が先にたち中々経験には至らない。
普通に異性に興味を持っているが、クラウディアにも魅力を感じている。



-- Click to Close --